DVD発売&よいお年を・・・

10月に収録したDVDが、ようやく店頭に並びました。
こころの音色

「下村由理恵&佐々木大が踊る、パ・ド・ドゥ・レッスン」

「眠れる森の美女」第三幕より オーロラと王子のパ・ド・ドゥ
「ドン・キホーテ」第三幕より キトリとバジルのパ・ド・ドゥ
「眠れる森の美女」第三幕より 青い鳥とフロリナ王女のパ・ド・ドゥ
どうですか、この究極のハッピーオーラ満載の演目!
これらのレッスンと模範演技が収録されています。
指導・監修は、下村さんのご主人の篠原聖一さん。
ピアノは全編私が弾いておりますが、こちらは「模範」な演奏ではありません(汗)
ともあれ、ここ数年一緒にお仕事をさせて頂いている、私の敬愛するダンサーの方々と、
この素晴らしい演目の数々を追究できたことは、
私にとって本当に大きな糧になりました。
ちなみに、下村由理恵さんは、2009年秋の紫綬褒章を受賞されました。
私はこの方の踊りに、今までどれだけ救われてきたことでしょう。
いつも背筋を伸ばして、光ある道を力強く歩むそのお姿を見ていると、
私も自分自身の「軸」を思い出し、力がわいてくるのです。
また、彼女はいつも感謝と賞賛と励ましを惜しみなく伝えてくださいます。
本当に素晴らしい、大好きな、憧れの女性です。
このDVDを通して、パドドゥの楽しさや奥の深さを、
多くの方に感じて頂けることを願っています。
目指せ!パドドゥDVD第二弾制作!!!
次は何の演目がよいでしょうか♪
バレエをお好きな方、是非チャコットなどでお手にとってみてくださいね♪
http://cc.columbia.co.jp/shop/product/info.asp?gc=XI2021

さて、わたくし、明日からまた日本を離れます。

バタバタと旅立つので、年賀状も満足に書けておりません汗

新年のご挨拶ができないことをお許しください。

帰国は1月中旬の予定です。

2009年、いろんな気づきがありました。痛みも伴いました。苦しい時期も長かったです。

でも、それは私にとって必要なことだったし、

より良い方向へ、大きく前進する為の変化だったと思っています。

立ち往生していた私を、周りの人が支えてくださいました。

また歩き出すことができて、今、とてもとても幸せな年の瀬を迎えられています。

どうもありがとう。心から感謝しています。

2010年が素晴らしい年になりますよう。

皆様も、どうぞよいお年をお迎えください。

amazing night

英国旅日記

ロンドンに来て1週間がたち。
ほとんど観光していないものの、気分はすっかりロンドナーw
今夜はロンドンフィルのコンサートを聞きに、テムズ川沿いのサウスバンクへ♪
コンサート前に、ロンドン新名所「ロンドンアイ」にでも乗ってみようかと。
こころの音色

ロンドンの夜景、味わいがあって本当に素敵!!!

こころの音色

「ロンドンへようこそ」と、街が話しかけてくれているかのよう。
乗る前はあまり興味がなかった私ですが、ロンドンアイ、いいですね~!
特に夜がオススメです☆(昼間のロンドンアイは知らないけど・・・)
そして、軽く晩ご飯を食べてから、ロイヤルフェスティバルホールへ。
この日の演目はこちら↓
Yutaka Sado conductor
Denis Matsuev piano
Verdi Overture, La forza del destino
Tchaikovsky Piano Concerto 1
Dvok Symphony 9 (From the New World)

こころの音色

これが、本当に素晴らしかったのですよ!
「運命の力」から、指揮者佐渡裕さん&ロンドンフィルの世界に引き込まれ、
チャイコフスキーのピアノ協奏曲では、思わず涙がこぼれました。
ソリストのデニスマツーエフ。
即興で弾いているかのような、自由で生き生きとした演奏。
今この瞬間を、現代を「生きている」音楽。彼の内側からメロディーと言葉が溢れてくる。それでいて、チャイコの言葉&魂がきちんと伝わってくる・・・。
アプローチは違えど、私の理想とする音楽をそこに見た気がしました。
演奏が終わり、割れんばかりの拍手のなか、隣のお上品なおばさまが、胸に手をあて、小さく「amazing・・・」と呟いておられました。まさにまさに、amazingでしたね。
後半のドボルザークも心に沁みいるような演奏でした。
私は、佐渡氏の演奏を生で聴いたのは初めてだったのですが、
彼は新世代の指揮者ですね。
カリスマオーラがあるものの、決して派手に自己主張するタイプではなく、
音楽家ひとりひとりに敬意を払い、彼等を受けとめ、長所を引き出し、
優しさと包容力をもって統べ、大きなエネルギーを生み出す。。
現代のリーダーの資質をそこに見た気がしました。
ロンドンの観客も、彼に惜しみない祝福を贈っておられましたよ!
日本人としては、誇らしいことですね!
サドッチ、かっこいいーーー!!
興奮した気持ちを抑えることができず、
チャイコのピアノコンチェルトを歌いながら、上機嫌でテムズ川を渡り、
ロンドンの街を歩いて帰りました。
こころの音色
こころの音色

クリスマスin軽井沢

こころの音色-091224_160422.jpg

今年のイヴは、うっすら雪積もる軽井沢で独りクリスマス。(with銀次郎)
静謐で、星も空気もとても清らかで澄んでいる。
2000年前のベツレヘムもこんな夜だったのだろうか?
軽井沢には、NEW YORKから来日されているバレエダンサーのワークショップ伴奏業務で、やってきました。
数々の国内・国際コンクールで入賞する生徒を多数輩出している教室が、ここ軽井沢の山奥にあるのですが。
なんと、私より若くて美しい先生が、お一人で教えられているお教室!!
生徒全員あまりのレベルの高さに、いつ訪れても信じられない思いを抱いてしまいます。
なかでも一人、天使のような子がいて。
今年、NEW YORKの国際コンクールで2位になった12歳なのだけど、

稽古場にいても、一人だけピカピカに輝いている。

そこだけスポットライトがあたっているみたいで、つい目を奪われてしまう。
彼女はどんな時も心底楽しそうに踊り、またほんのわずかな場所と時間を見つけては、ひたむきに練習する。
来月から、奨学金を得て海外のバレエ学校に留学するらしい。
彼女の将来が祝福に満ちたものでありますよう、願ってやみません。
もちろん、彼女だけでなく、他の生徒も先生も。
ひたむきに生きている人の魂に触れるだけで、私の心が洗われる気がする。
今年のクリスマスに、ここに来られて、本当によかった。
神様、最高のクリスマスプレゼントをありがとう。
さて、明日は昼過ぎまでオフ。
温泉に入ってレンタサイクルで教会に行ってみようかな♪
皆様もよいクリスマスをクリスマスツリー